ヒントとアドバイス

楽しく安全に。ネットショッピングのセキュリティ これだけは気を付けたい|アバスト 基本必須ガイド

Charlotte Empey, 2018年5月25日

便利で楽しいネットショッピング。でも、そこには沢山の悪意を持ったショッピングサイトも。アバストがご提供するネットショッピング セキュリティ ベストプラクティス。すべては、いつも最高のお買い物体験を楽しめるように。

統計データベースの Statista によると、2017 年には推定で 16 億 6,000 万もの人々ががオンラインで商品を購入しており、総売上は 2.3 兆米ドルという驚くべき数字に達しています。これはネットショッピング(オンラインショッピングとも呼ばれています)が人々のあいだにすっかり定着したことを示しています。

さらに、ネットショッピングは今後ますます一般化し、いっそう普及すると見込まれています。この点を考慮に入れて、ネットショッピングの進化を詳しく見ていくとともに、私たち全員が採用すべきベスト プラクティスとその理由をご説明したいと思います。

ショッピング 2.0

ネットショッピングは、かつてないほど大きな力を消費者に与え、小売業者を取り巻く状況を一変させています。ネットショップが初めて登場したころ、それは、店舗で買い物を行うことの代替的な購入手段以外の何物でもありませんでした。しかし時間の経過とともに、買い手も売り手もこの新しい手法に関する知識を深め、両者の力関係が変化し始めました。

売り手はすぐに、オンラインでは価格比較が極めて容易にできることに気付き、市場で競争するために、他の店舗よりも最良の取引を提供しなければならないといったことを常に頭に入れておかなくなってしまったのです。

Essential-guide-to-shopping-online-better-price

実際に買い手は、すぐに価格を比較するようになりました。次のような新しいショッピングの習慣が広まりました。

  • 事前にオンラインで購入対象の商品を調査し、実店舗に行って購入する
  • 実店舗に行って商品を調べ、オンラインで最も安く購入する
  • 実店舗で購入するが、購入前にオンラインをざっと調べ、店舗での価格がオンライン価格より安いか確認する

ネット ショッピングの利便性

ネット ショッピングが最も便利なショッピング方法であることは明らかです。椅子に腰かけたまま、1 分間のうちに 5 つの異なる店舗を訪れることが可能な方法が他にあるでしょうか。インターネット接続がある限り、どこにいようと好きなときに、心ゆくまでショッピングを楽しめます。

あちこちの店で商品を見て回ることができます。最良の価格の商品を見つけるための評価を、ほんの数秒で下すことができます。ブラウザーで商品を見て回って購入すれば、数日のうちに(場合によっては数時間で)自宅に商品が届きます。市場は大きく進化しました。

ネット ショッピングに関する懸念事項

この素晴らしい利便性に何らかの代償はあるのでしょうか。あります。それは面と向かって取引を行わない不便さと、支払情報が悪意のある者の手にわたる危険性です。

実店舗にいるわけではないので、衣類を試着したり、その他の方法で商品を試したりすることはできません。送料を負担する必要もあります。ただし、送料を課さない小売店や、1 回限りの年会費を支払えばすべての送料を負担してくれる小売店もあります。オンライン注文に伴うもう 1 つの弊害は、荷物の紛失や遅配です。また、到着した商品に満足できない場合は、郵送で返品する手間もかかります。

しかしこのような不便さも、個人情報がハッキングされることに比べれば何でもありません。名前、住所、クレジット カード番号はすべて、サイバー犯罪者が皆さんのお金で商品を買いあさるために利用され、さらに悪いことには、なりすましの被害を受けることもあります。

実は、私は最近データ侵害に巻き込まれました。このことに気付いたのは、注文していない商品の小包がたまたま自宅に届いたときでした。誰かが私たちのクレジット カード情報を盗み、Walmart で商品を購入しようとしたのですが、Walmart がその商品を私たち宛てに発送してしまったのです。

データ侵害に加え、皆さんはオンラインでの行動をトラッキングされることにも注意する必要があります。スパイは、それが政府機関であれ、犯罪者であれ、広告主であれ、トラッキング Cookie などのテクノロジーを使って皆さんのトラフィックを監視し、記録することができます。適切なサイバーセキュリティを使えば予防策を講じることができます(この記事の最後にあるヒントをご覧ください)。

ネット ショッピングのビッグ プレイヤー

ショップが人気だからといって、必ずしもその店舗が最良の価格を提供していると保証されるわけではありません。しかし、そのショップは確実に、数多くの消費者の監視の下で運営されており、多くの点で信頼できます。e コマース市場を現在リードしている大手オンライン企業は次のとおりです(下記は私が住んでいるアメリカの例です)。

Essential-guide-to-shopping-online-top-etailers
 
 
 
  • Amazon
  • Wayfair
  • Bookings
  • TripAdvisor
  • Walmart
  • Priceline
  • Ebay
  • Groupon



ネット ショッピングのベスト プラクティス

  1. 欲しい商品を検索します。そして、3つ以上の異なる点を比較してください。次にあげる情報は、いずれも確認に値する情報です。
    • 価格
    • 送料
    • 配送予定日
  2. 優先事項に基づいて最良の取引を選択してください。その商品がすぐに必要でない場合は、商品が手元に届くまでに多少時間がかかっても安い商品を選ぶでしょう。あるいは、商品が明日の夜のパーティーに必要な場合は、価格が一番高くてもすぐに届く商品を選ぶでしょう。

  3. 次のセクションの説明に従って最良の取引を行ってください。
  4. オンラインで買い物をするときは、この記事の最後にある「安全なオンライン ショッピングのための 10 のヒント」を参考にして個人データを保護してください。

最良の取引を行う方法

ブラウザーの拡張機能であるアバスト セーフプライスは、価格比較を集約することによってオンライン ショッピングの利便性をさらに高めます。ご自分で価格比較を行う必要はありません。商品の購入であれ、ホテルの予約であれ、旅行の手配であれ、セーフプライスは数秒のうちに 10 万以上の検証済み e コマース サイトを比較し、最良の取引をすぐに表示します。購入する商品に関連するクーポンが利用できる場合、セーフプライスはそれらのクーポンを提示するため、より安く購入できます。

Essential-guide-to-shopping-online-credit-card-purchases

10 Tips ー 安全なネットショッピングのためのヒント

  1. URL に「https」が含まれていて、アドレス バーに南京錠アイコンが表示されていることを確認してください。これらはサイトが安全に設計されていることを示しています。

  2. 評判の良いサイトで購入し、買い物をしているサイトが偽サイトでないことを確認してください。URL のスペルを確認してください。サイトの「お問い合わせ」情報を確認してください。会社名、住所、電話番号が必ず記載されているはずです。日本の場合は、「特定商取引法に基づく表記」欄を必ずご確認されることをお勧めします。

  3. 価格が安すぎて本物とは思えない場合は、偽物である可能性があります。注意してください。

  4. ポップアップ広告はクリックしないでください。クリックすると、大抵は別のサイトにリダイレクトされます。リダイレクト先が正当なサイトに見えたとしても、悪意のあるものである可能性があります。クリックしないようおすすめします。

  5. 個人番号、運転免許証番号、パスポート番号などの個人情報は、万が一聞かれても絶対に送信しないでください。

  6. サイトの返品ポリシーと送料を確認してください。

  7. 必ず不正利用防止機能を備えたクレジット カードで購入してください。ほとんどのクレジット カードでは、利用明細で不正取引を見つけてから 30 日以内であれば、その取引を不正取引として報告できます。あるいは、PayPal を利用することを検討してください。

  8. 高額な高級品については、本物の商品を確実に受け取れるように、第三者からではなく必ず実際の販売店から購入してください。e コマースの海には不正行為が渦巻いています。

  9. オンライン小売業者のサイトでアカウントを設定する際には、常に強力で安全なパスワードを使用し、アカウントごとに異なるパスワードを設定してください。こちらのヒントを参考にしてパスワードを強化してください。また、公衆 Wi-Fi 経由では絶対にオンライン銀行取引を行わないでください。

  10. リンクをクリックするよう求めるメールに注意してください。最悪の場合、それはフィッシングです。正当なリンクに見えなければ、クリックしないでください。悪意のあるリンクでは、ログイン認証情報やクレジット カード番号などの情報を盗もうとします。あるいは、偽サイトにリダイレクトし、そこで「パスワードをリセット」するよう仕組むか、偽のアカウント エラーを表示して何らかのデータ情報を「修正」させようとします。万一このような状況に巻き込まれた場合は、別のウィンドウを開き、問題のアカウントの実際のウェブサイトにアクセスします。「お問い合わせ」フォームで、そのサイトがあなたにメールを送信したかどうか確認してください。

ネット ショッピングは 21 世紀を象徴するものです。新しいタイプのグローバル市場の始まりであり、歓迎すべきものです。それと同時に、有名なスーパーヒーローの言葉を言いかえて皆さんにお伝えしたいと思います。それは「大いなる利便性には大きな責任が伴う」ということです。オンラインで賢く買い物をし、知識とサイバーセキュリティで自分の身を守るのは、私たち一人ひとりの責任です。デジタル ライフを適切に保護すれば、私たちは最新のショッピング方法を活用し、好きな場所で好きなときに好きなやり方でショッピング カートをいっぱいにするという利便性を安心して享受できます。