在宅勤務を快適に!自宅ワークスペースの作り方

Emma McGowan, 2020年11月24日

在宅勤務している方、オンライン授業を受けているお子さんをお持ちの方に、自宅のワークスペースを最適化する方法をご紹介します。

緊急事態宣言から半年以上経った今も、在宅勤務を続けていたり、オンライン授業を受けているお子さんをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。生産性と集中を高められるよう、最適化されたワークスペースを自宅に設置することが重要です。

私は社会人になってからずっとリモートワークをしているため、自宅で働くことには慣れています。5年ほど世界を旅し、複数の場所に自宅やワークスペースを持っていたこともありました。

快適で安全なワークスペースを自宅に設置するために必要な事項を紹介します。

決まった場所で仕事をする

睡眠衛生の専門家は、ベッドでは寝る以外のことをしないことを推奨しています。在宅勤務にもこのルールが当てはまります。ソファではなく、決まった場所で仕事をすることにより、仕事で成果を出すことができます。

もし空き部屋やゲストルームがある場合は、その部屋をオフィスにすることをおすすめします。予備の部屋がない場合、既存のスペースをワークスペースにすることを検討しましょう。部屋を見渡して、小さなデスクを置くスペースがあるか確認してみましょう。掃除しようと思っていた物置き部屋、窓辺に置いてある大きな植物をどかすことで確保できるスペースはないでしょうか。創造力を発揮し、部屋の隅や隙間の活用方法を考えてみましょう。

ダイニングテーブルを仕事で利用することもできます。その場合は、仕事に使うツールをしまう引き出しや棚を確保し、仕事が終わったら必ず片付けるようにしましょう。テーブルの上に仕事のものを置いたまま生活してしまうことを防ぐとともに、一日の終わりに仕事のものをしまって「ワークスペース」から「食卓」に戻すことで、仕事とプライベートをきっちりと分ける心理的効果もあります。

ホームネットワークを最大限に活用する

自宅にワークスペースを設置する際、ルーターの場所も確認しましょう。お使いのデバイスとルーターの間にあるスペースを隔てる壁や物は、インターネット接続の速度を落としてしまうことがあり、結果的に仕事の生産性にも影響を与えます。Zoomに接続できない、ウェブページが開かないなどの問題を解決するには、ルーターをワークスペースの近くに移動させましょう。

また、メッシュネットワークの導入も検討しましょう。メッシュネットワークの導入により、Wi-Fiネットワークをさらに強化することができます。導入は簡単で、家のどこにルーターをおいても安定したインターネット接続を保つことができます。

そして、念のため、ネットワークのパスワードを変更しておきましょう。これまで以上に自宅から機密情報をやり取りする頻度が増えているため、パスワードが脆弱な場合、機密情報が漏洩するリスクが高まってしまいます。

VPNを利用する

「ワークスペース」は物理的なスペースだけではありません。仮想プライベートネットワーク(VPN)の導入を検討しましょう。VPNは暗号化された仮想の「トンネル」を作ります。これにより、サイバー犯罪者、政府、インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)などは、あなたが何を送受信しているか、のぞき見できなくなります。大半の企業が従業員にVPNを提供していますが、万が一会社から提供されていない場合は、ご自身でVPNの活用を検討する必要があります。

「快適さ」にはお金をかける

私が、自分の仕事エリアで一番気に入っているアイテムは、ノートPCスタンドです。折りたたむこともできるので、持ち運びや収納が簡単です。また、背筋を伸ばして座らなければいけなくなるため、猫背になるのを防いでくれています。

ノートPCスタンドは様々な種類があるため、もし興味がある場合は少し情報収集してから購入することをおすすめします。良い姿勢も保てますし、購入して損はないと思います。

快適な椅子も、自宅で仕事をするにあたっての必需品です。自宅で作業する場合、かなり多くの時間を椅子の上で費やすことになるので、お金をかける価値があります。多くの企業は、在宅勤務を快適にするための補助を提供しています。勤務先の担当者と確認してみましょう。

最後に、ノイズキャンセリングイヤホンは、自宅で仕事をしている人にとって必須だと、私は考えます。外で遊んでいる子どもたちの声や近所の工事の音など、さまざまな音をブロックすることができます。

子どものためのスペース

子どもがオンライン授業を受けている場合、子どもも「自分のスペース」を持ちたいと思うでしょう。本ブログでご紹介した方法は、子どもの勉強スペースにも当てはめることができます。

昼間と夜で異なる使い方をするスペースであっても、決まった場所を勉強専用のエリアとして確保しましょう。PCまたはタブレット、筆記用具、ノートなど、一日の初めに勉強に必要なツールを並べます。そして一日の終わりには、勉強道具専用の引き出しや棚に片付けます。子どもも「家」と「学校」の時間を区別できるようにしましょう。

また、子どもが勉強に集中できるよう、テレビやキッチンなどが見えないところに勉強スペースを設置することをおすすめします。集中するのが苦手な子には、ハンドスピナーなどの音が出ない玩具を渡しても良いかもしれません。

アバストではオンライン授業を受ける前に確認しておきたいことに関するブログも公開しています。

ワークスペースを最適化するためには、仮想的・物理的なスペースの両方において、安全で、集中できる環境を作ることが重要です。在宅勤務がどのくらい続くのかわからない現状を鑑み、今のうちに快適かつ安全に仕事をできるスペースを自宅に確保しておきましょう。

この記事は2020年9月15日に公開されたHow to set up your home workspace訳です。

 

関連記事