ヒントとアドバイス

追跡(トラッキング)を行っているのは誰なのか

Dawn Leonetti, 2018年6月21日

個人データが確実に追跡(トラッキング)されている今、あなたが知らなければならないことを徹底解説

オンライン プライバシーは徹底的に調べられます。これは疑いの余地はありません。まずは米国でネットの中立性が失われました。そしてケンブリッジ アナリティカと 8,700 万人の Facebook ユーザーについての報道がありました。先週はついに GDPR が施行されました。さまざまな意見、圧力、論争、擁護がある中で、このことに憤りを感じている人とそうではない人がいるのはとても興味深いことです。皆さんはオンラインでのプライバシー保護について、どの程度関心をお持ちでしょうか?

データ追跡の激化

ほとんどの方は、それほど気にしていないと思われます。Facebook が全ユーザーの重要なデータを収集して保存していたことが発覚し、これに端を発した「DeleteFacebook」の動きが拡大しています。また 2016 年の大統領選挙における不正疑惑に会社として関与したとして、マーク ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が米議会の公聴会に召喚されました。それにもかかわらず、ソーシャル メディアの巨人のユーザー数は現時点で過去最高の 14.5 億人にまで膨れ上がっています。さらに、Facebook の広告主はこうしたスキャンダルに動じず、あいかわらず Facebook のプラットフォームに群がり、広告スペースに何十億ドルものお金を投入しています。

ソーシャル プラットフォームは、私たちが個人的な人生経験を他者と分かち合う場です。だからこそ、広告主たちがユーザーの一人ひとりについて利用価値の高い情報を得ることができるのです。中には公的な健康記録のマイニングをビジネスにする情報ブローカーもいます。小さい情報の破片がジグソー パズルのように、ユーザーの好きなもの、必要なもの、欲しいもの、人物像などを組み立てていきます。ユーザーがキャンプに行くことを広告主が知った途端、ユーザーのフィードの広告欄には最新のキャンプ装備が表示されることでしょう。新しい子犬を飼い始めたことを書くとどうなるでしょう?もちろん、ドッグフードの広告が現れます。

ユーザーの受け止め方は二分されます。一部のユーザーは広告が提供されることを素直に喜んでいます。彼らは「素晴らしい、自分が興味があるアイテムをもっと見せてほしい」と思います。しかしその他のユーザーは、まるで小説の「1984」でビッグ ブラザーがすべての個人を支配下においているようだと不安に感じます。

アナリストの分析によれば、プライバシーに無関心なこの傾向は若い世代に顕著であり、対してジェネレーション X は ID 盗難、プライバシー、その他のインターネットの重大な問題を非常に懸念しています。この傾向は、若い世代がソーシャル メディアの時代に育ったことと無縁ではないでしょう。個人の歴史を会社と共有することは、彼らがはじめて「いいね」をしたときから慣れ親しんできた習慣なので、違和感を抱かないのかもしれません。

GDPR による保護

いずれにせよ、すべての消費者にとってより強力な保護が登場しました。5 月 25 日に EU において一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)が施行されたのです。GDPR によって、企業はデータの使用や広告活動についてより透明性が求められ、消費者の個人データの扱いにより大きな責任を負うことになります。過去数週間、アプリやウェブ サイトを使用中に「サービス利用規約」や「プライバシー ポリシー」といったポップアップ画面が現れ、更新されたポリシーを読んで同意するように求められるということが頻繁にあったことと思います。この機会にそれらのポリシーに目を通し、個人情報がどのように追跡されるのか、または追跡されないのかを理解し、オプトインについての意思決定を行ってください。オプトアウトを選択することもできます。

アバストは GDPR に積極的に対応し、すべての新しい規則を確実に遵守します。既に、ソフトウェア開発工程でユーザーの個人情報を保護しており、今後もこれを徹底していきます。アバストは GDPR によって、アバストのソリューション提供先である世界中のグローバル企業に同一基準が適用されることを非常に喜ばしく思っています。

さらに保護するなら、アンチトラック ソフトウェア

広告主はユーザーのデジタル指紋を使って追跡を行います。デジタル指紋は、コンテンツ オーナーや広告主がユーザーを監視して追跡する、新しい高度な技術です。サイトを一度訪れただけでユーザーに固有のタグを付け、そのユーザーのウェブ トラフィックを追跡し、そのユーザーが誰で何をよく買うかといったプロファイルを作成し始めます。

ここからが、デジタル指紋対策に効果を発揮するアバストの最新技術の出番です。アバスト アンチトラック プレミアムはユーザーが追跡されていることを通知するだけではなく、誰が追跡しているのかも通知します。ユーザーの個人情報を守り、広告主からターゲットに特定されるのを阻止し、ウェブ閲覧終了と同時に痕跡を自動的に消去します。最近更新されたアバスト セキュア ブラウザには、アバスト セキュア ブラウザを使用中に追跡から保護するアンチトラック モジュールがあります。

オンライン プライバシーが心配で広告主から個人情報を保護したいと考えるのなら、アバスト アンチトラック プレミアムでオンライン個人情報を隠しましょう。