ヒントとアドバイス

年末年始の旅先でオンラインの脅威にさらされないためのヒント

Charlotte Empey, 2017年12月18日

旅先だからこそオンライン・セキュリティの確保が大切さを増します。旅行をする人々が増える年末年始のこの季節、あなたの大切なデータを悪意を持ったハッカー達からしっかりと守りましょう。

電車・飛行機のチケットは持ちましたか? 故郷の家族に買ったお土産もバッグに入れましたか? スーツケースもパッキングは終わりましたか? キャリーバッグも持ちましたか? もちろんPCもタブレットも忘れてないですよね? あれ、デバイスへのセキュリティの確保はお忘れではないですよね?

あらゆるものがクラウドに繋がるインターネットの世界では、サイバー犯罪の世界的「気候」(現状)は、ずばり「クラウディ」つまり「曇り」の状態であると言わざるを得ません。

多くの人にとって、ホームWi-Fiの無い旅先で、ホテル、カフェ、あるいは観光地などのフリーWi-FiにPCやタブレット、そしてスマートフォンを接続する機会も増えるのが、この年末年始の時期特有のネットアクセス行動となります。

そうした「よく知らない」Wi-Fiルーターへの接続が、想像しうるあらゆる危険への窓口となる点をお伝しなくてはならない以上に、ご旅行に出かけるまえに、普段以上に厳重な準備をおこなっておく必要性についてお伝えしたいと思います。

そして…、その準備はたった今、この瞬間におこなうことができます。

是非、下記する「トラベラーのためのセキュリティ保護ガイド」をご一読ください。そして、可能であれば、必要なアクションをすぐにお取りいただき、少なくともオンライン・セキュリティに関しては、心配や不安の無い、楽しく心休まる休暇をお過ごしください。

 

出発前にできること

乗り物に乗る前のほんの数分で、問題がおきてから(最悪の場合)何時間もかけて対処しなくてはならないリスクを避けることができます。さあ、チェックリストです:

 共有ファイルの「非共有化」:もしあなたがPC、その他のデバイスの中のファイルやフォルダの共有設定を「オン」の状態にしてあるのであれば、それを「オフ」にしましょう。万が一、悪意を持った誰かが覗きに来ても安心なように。

 すべてを最新に: PCその他に入れたソフトやアプリ、OSの状態は最新ですか? 特にOSやセキュリティソフトのアップデートはしっかりと行っておきましょう。

 デバイス・トラッキング(追跡)アプリを使いましょう:Androidユーザーの皆さんは「Find My Device」というアプリ、そしてApple(iPhone)ユーザーの皆さんには、「Find My  iPhone」というアプリがあります。旅先で万が一デバイスをなくしてしまったときも、このアプリがあれば安心です。

 

旅先での注意

旅行中にはあらゆる予期せぬ事柄が起きがちです。実家で甥っ子・姪っ子と遊んでいる間、久しぶりに実家のキッチンで両親にかわって料理をしている間、旅先でふと入ったおしゃれなカフェ、あるいは、懐かしい実家のベッドの中でさえも・・・ありとあらゆる場面で、オンラインセキュリティのリスクは潜んでいます。下記する注意点を是非お読みください:

 

  • Wi-Fiとブルートゥースは使っていないときは、必ず「オフ」にする:Wi-Fiやブルートゥースをオフにしておくことによって、悪意を持った第三者にデバイスが検知されることを防ぐことができます。

  • Wi-Fiへの接続は「慎重に」「確実に」: 訪問した親せきの家や友達の家のWi-Fiを借りることもあるかもしれません。そんなときは、Wi-Fiの名前をしっかりと聞いて、慎重に接続するようにしてください。間違っても、リストのすぐ下に現れている「怪しいかもしれない」偽Wi-Fiにつかまらないように。

  • 公共のWi-Fiを使いオンラインバンキングを利用するときは、「必ず」VPNを使う:公共のWi-Fiを使ってのオンラインバンキングや、クレジットカード明細の確認などはしないようにしましょう。また、自分の所有するデバイス以外から、それらのアカウントにアクセスすることもやめましょう。そして、絶対にしてはいけないのは、公共のWi-Fiに繋がった自分のもの以外のデバイスから、オンラインバンキングやクレジットカードサイトにログインすることです。金融系取引をおこなうサイトに外出先からアクセスをする際は、どうかVPNを使ってください。

  • URLに「S」のついたセキュアなサイトでのみショッピングをしてください:旅行中には何がおきるかわかりません。たとえば、公共のWi-Fiにつなぎながら、オンラインショッピングで急遽何かを頼まないといけないという状況もあるかもしれません。そんなときは、ブラウザのアドレスバーに「鍵のマークがついた」サイトでのみ、買い物をするようにしてください。同時に、URLが「https」と最後に「S」がついたものであることを確認してください。「S」が付いていれば、ひとまずそのサイトは「セキュアなサイト」であると判断できます。(ただ、悪意をもったハッカーも「S」を使ったURLを使うこともあることは念のために覚えておいてください)また、URLアドレスに書かれたアルファベットが「正しい綴り」で書かれていることも念のために確認してください。例えば、弊社の公式サイトは、「co.jp」ですが、それが「avest.com」なら見かけがどんなに弊社サイトにそっくりでも、それは別の誰かが悪意を持って作った偽サイトということになります。いずれにしても、「いつもと何かが違う」とお感じになられたら、一刻も早く、そのサイトから離れるようにしてください。

 

ベストなソリューション(解決策)は?

「オンラインの自分に」重たい「鎧」(よろい)を着せてあげることがベストなソリューションです。つまり、信頼のおける「セキュリティソフト」を、どのデバイスにもしっかりとインストールしてあげることが、第一歩となります。

  • セキュリティソフト(アンチウイルス): アバストでは、無料でしっかりとした保護機能を備えたセキュリティソフト「アバスト無料アンチウイルス」をご提供しています。ウイルス、マルウェア、ランサムウェア、あらゆる種類のオンラインの脅威に対応した優れたセキュリティソフトです。

  • パスワードマネージャー: かつてこれだけ私たちの生活に、「ログイン」と「パスワードの入力」が必要となったことがあったでしょうか。アバストパスワードマネージャーをお使いいただくと、この作業を安全に、尚且つ安心して自動でおこなうことができるようになります。パスワードマネージャーはアバスト無料アンチウイルスに付属する、無料のサービスです。もし、その他のデバイスとパスワードマネージャー機能を同期してお使いになりたいという場合には、有償版のパスワードマネージャープレミアムをご用意しています。

  • VPN:バーチャル・プライベート・ネットワークと呼ばれるこのシステムは、あなたがインターネットに接続する際、その接続内容の詳細をハッカーの目には見えなくなるようにする・・・つまり、あなたの接続に「匿名性」を持たすことが可能となるシステムです。無料、有料を問わず、公共のWi-Fiをお使いいただく際に、最も安全なネットへの接続方法となります。アバストでは、このVPNをボタン操作一つで簡単に起動することができるソフト、アバスト セキュアラインVPNをご用意しています。これを使うと、サンタさえ、あなたのオンラインでの行動が見えなくなってしまいます。

 

そして、最後に。

世界中のアバスト全スタッフより皆さんに、A Merry Season and A Happy New Year!

すばらしいホリデーシーズンをお過ごしください。