セキュリティ ニュース

Macにセキュリティソフトは必要? - とうとうその時が来たようです

Lukáš Hasik, 2017年10月30日

Apple社のMacは一般にウイルス、マルウェアなどサイバー脅威に対して安全だと考えられてきました。しかし状況は徐々に変わりつつあります。アバストではその対策をすでに用意しています。

独立した試験を実施する研究所である AV-Comparatives は、大手ブランドの消費者向けソフトウェアを定期的にチェックし、各製品が備えているとされる機能と、他の製品と比較した場合の両面について、実際の性能を明らかにしています。

先月、同研究所は最近実施された「Mac セキュリティ テスト」の結果を発表しました。それによると、Mac 用のアバスト セキュリティが 99.9% のプロテクションという高スコアをマークして多数の競合製品を打ち破りました。

Appleの Mac に次世代型サイバーセキュリティは必要か?

従来、Mac はサイバーセキュリティに関しては次の 2 つの理由により、非常に高い評価を得てきました。

一つは、Mac には優れたセキュリティが初めから備えられていることです。

Mac は Unix をベースとしているため、実行可能コードがデータ ファイルとは別に保存されます。これにより、保存されている個人情報を何らかのプログラムが取得することは困難になります。

また、あらかじめ Apple社による承認を得ていないソフトウェアは、サブシステムである Gatekeeper によってブロックされます。

二つ目の理由は、Windows ベースのシステムの方が市場シェアが大きいため、サイバー犯罪者は Windows を標的とするマルウェアからより多くの利益を得ることができます。

Windows を標的とした悪意あるファイルは Mac を標的とするマルウェアよりコーディングが容易であることも要因となっています。

しかし、サイバー犯罪の世界は眠りません。多少の困難があるからと言って、それが不可能であるということにはなりません。Mac を攻撃するマルウェアの急激な増加が発生しており、今後さらに増えることに間違いはありません。

アバスト脅威研究所のデータでは、拡大を続ける弊社のユーザー ベースに対する脅威が前年比で 2 倍以上に増加していることが明らかになっています。

またAV-Comparatives の報告書では、Mac はウイルスに対して独力で効率的に保護できると述べられていますが、本当に危険なのは「トロイの木馬です。この悪意あるファイルは、別のものであるかのように見せかけてユーザーを騙し、侵入に成功します。

Mac 用アバスト セキュリティ

アバストの無料ソリューションは、マルウェアからの Mac の保護に関してはほぼ完璧に近い成績を上げました。AV-Comparatives は最近の Mac のマルウェアから 687 のサンプルを使用しましたが、Mac 用アバスト セキュリティはその 99.9% を検出し、「承認セキュリティ製品」アワードを受賞しました。

報告書では、「アバスト Mac セキュリティはクリーンかつシンプルなインターフェースで、フィッシングからの保護を含む追加的な機能を提供します。このプログラムは極めて包括的なスキャンオプションを 1 つのページ上で提供します。」と記載されています。

加えて、Mac 用アバスト セキュリティのウィンドウで各種機能がアクセスしやすく配置されている点も高く評価されました。

Mac ユーザーは 370 万人、全プラットフォームでは世界で 4 億人に上るユーザーを擁するアバストは、最新の Mac マルウェアを含むサイバーセキュリティの現状をしっかりと把握しています。

Mac ユーザーの方は、弊社の無料 Mac 用セキュリティ ソフトウェアのインストールを今すぐ行って身を守ることをご検討ください。