NFT(非代替性トークン)とは?#1

David Strom, 2021/04/28 9:58:20
David Strom, 2021/04/28 9:58:20

NFTの仕組みを構成する主要素とプラットフォームを説明します。

「NFT」や「非代替性トークン」などの言葉を最近耳にするようになった方もいるのではないでしょうか。

NFTの世界は、暗号通貨、ブロックチェーン、スマート・デジタル・コントラクトなどの技術が大きく関わっていますが、それぞれの言葉の意味を理解していても、NFTを完全に理解できるとは限りません。Ars Technicaの記事によると、NFTの技術は以下のような物事で重要な役割を果たしています:

  1. 偽造できず、識別可能なコレクターズアイテム
  2. ゲーム会社や所有者の間で交換できるよう、所有権の証明が発行されるゲームのキャラクターやその他のアドオン
  3. サプライチェーンでのドリアンの追跡
  4. デジタルコンテンツの追跡に使用できる分散型ドメイン命名プロトコル「Ethereum Name Service」

Ars Technicaの記事は、NFTは「星の『所有権』を謳う証書に似ている」と述べています。夜空の星のような現物を入手できない物の所有権を持つことに、例えているのです。(筆者は若いころ、この詐欺まがいの「所有権」に引っかかり、友人に星をプレゼントしたことがあります。意味のないプレゼントでしたが、購入するのがとても楽しいプレゼントでもありました。)

さらに最近、CryptoSlamopensea.iodappradarnFungibleなど、NFTを追跡・取引するウェブサイトが次々と登場しています。特に、美術品オークションハウスのChristie'sがNFTのアート作品を6900万米ドルで落札したことをきっかけに、この市場は急成長しています。

ここで注目すべきポイントは、その作品を作ったマイク・ウィンケルマン(Mike Winkelmann)はそれまで、100ドル以上の作品を販売していなかったことです。「Everydays: The First 5000 Days」と題されたこの作品は、多くの写真をコラージュにした、デジタル作品でした。購入者は、作品のデジタル記録を手に入れることができますが、作品のファイルそのものは取得しません。興味深かったのは、入札のプロセスがeBayでの貴重なコレクターズアイテムの入札に似ており、購入希望者が最後の最後に価格を上げ、オークションが数分延長されたことです。ダヴィンチやドガなどの、「アナログ」作品の購入を思わせるような取引でした。

The New York Times紙は、ほかにも数百万ドル相当で落札された暗号作品があると報道しています(取引は通常、Ethereum(イーサリアム)というプラットフォームを介して行われます)。

ある「アナログ」アートコレクターは、Christie'sの売却について「作品とは関係なく、金儲けのためだ。作品がかわいそうだ」と語っています。私自身も「アナログ」の作品を購入した経験があるので、これには同感です。しかし、これはデジタルアートに限ったことではありません。取引サイトValuablesでは、TwitterのCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)の初ツイートのNFTを、マレーシア在住のSina Estaviというバイヤーが290万ドルで購入しました。なお、このツイートは、検索すればいつでも見ることができ、スクリーンショットを保存することもできます。また、The New York Times紙のケビン・ルース(Kevin Roose)によるNFTに関する記事が、ネットオークションで50万ドル相当で落札されたこともありました。

次回は、ほとんどの物を「アナログ」で扱っている私たちにとって、NFTが何を意味するのか説明します。

この記事は2021年4月2日に公開されたA guide to NFTsの抄訳です。