ヒントとアドバイス

プライバシーをトラッキングから守る|Google の追跡(トラッキング)から Androidデバイスを守りましょう

Charlotte Empey, 2018年6月28日

Androidスマートフォン/タブレットをお使いの方に。Googleの追跡(トラッキング)による個人情報収集から、あなたのプライバシー守るヒント

誰かに見られているような気がしたことはありませんか?実は、あなたがスマートフォンやタブレットを取り出してネット サーフィンを楽しんでいる間に、実際に見られているのです。訪問したウエブサイト、閲覧して購入したアイテム、ストリーミングしたビデオ、それらを行ったときにいた場所。これらの情報から、あなたがどういう人物で、何をするか、何に興味があるかという人物像を作成します。これらの情報はすべて、広告主やマーケターにとって貴重な情報です。

このことに特に問題を感じない方もいらっしゃるかもしれません。ウェブ サイトへの訪問を記憶されても、Google が検索内容や頻繁に訪れるウェブ サイトのデータを収集したとしても、問題ないと思うかもしれません。しかし、このことを問題と感じ、むしろビッグ ブラザーを連想してしまうとしたら、次のステップでプライバシーを保護することができます。このガイドでは、Android デバイスでプライバシーを保護する方法をご紹介します。

Google やその他の会社が個人情報を収集する方法

Google があなたの日々の活動をどのように追跡するのか、不思議に思ったことはありませんか?セサミ ストリートのキャラクターと同じく、「C は Cookie の C」です。Cookie とは、ウェブ サイトからあなたのブラウザー(Chrome、Safari、Firefox、Internet Explorer など)に送信される小さいデータ ファイルまたは ID タグのことで、通常デバイスに保存されています。これらはあなたの活動を追跡、記録するためのものです。

Cookie は本来害のあるものではありません。むしろ、Cookie が存在することによってウェブ閲覧がより快適になります。たとえば、以前閲覧したウェブ ページを 2 回目以降に閲覧する場合、ページの読み込みスピードを高速化するのに役立ちます。あるいは、特定のサイトにログインするとき、「自動ログインを有効にする」にチェックをしてログインをすると、あなたのログインを記憶するとともに、選択した言語やその他の設定も記憶します。

しかし、トラッキング Cookie と呼ばれる特定の種類の Cookie は、あなたの活動を記録してウェブサイトまたは検索エンジンにログを返送します。Google である製品を検索したら、次に Facebook を開いたときにその製品の広告が表示されていたという経験はありませんか?それがトラッキング Cookie の動作です。

トラッキング Cookie を無効にしてプライバシーを守る方法をご紹介します。

デバイスでプライベート ブラウジングを有効にする

ウェブサイトに活動を追跡させない簡単な方法の 1 つが、お使いのウェブ ブラウザーでプライベート ブラウジング モードを有効にすることです。有効にすると、プライベート ブラウジングによりウェブ ブラウザーが検索履歴や(ほとんどの)Cookie を保存することを防ぎます。

プライベート ブラウジング モードの設定方法は使用するウェブ ブラウザーによって異なります。たとえば Chrome を使用している場合は、右上隅にある タブアイコンをクリックし、次にその他のオプション マーク(3 つの点の列)をクリックし、新しいシークレット ウィンドウを選択してプライベートな閲覧タブを起動します。この機能は Firefox では「マスキング」と呼ばれ、Opera では「プライベート」と呼ばれます。

プライベート ブラウジングは素晴らしいツールですが、閲覧セッションの終了とともに完結する一時的な解決方法でもあります。そのため、毎回ブラウザーを開くたびにプライベート ブラウジングを有効にする必要があります。

Google の追跡ツールを無効にする

Google ユーザー(Gmail アドレスを保有している、YouTube アカウントを持っている、Google Play からコンテンツを購入したことがあるなど)であれば、もう一歩先に進んでGoogle の追跡ツールを無効にする恒久的な方法があります。その手順は次のとおりです。

Android デバイスで myactivity.google.com へと進み、Google アカウントにログインします(もし既にサインインしていなかったとしたら Cookie に感謝しましょう)。プロファイルまたはアカウント情報近くの右上隅にあるその他のオプション アイコンを探します(例の 3 つの点の列です)。そのアイコンをクリックして、[アクティビティの管理] を選択します。

このページには Google が追跡するさまざまな活動が表示されています。ウェブとアプリの操作、位置情報、デバイス情報、音声およびオーディオの操作、YouTube 検索履歴YouTube の視聴履歴などです。それぞれの項目名の横に小さなスライダー コントロールがあります。選択した項目の追跡をオフにすれば完了です。

[アクティビティの管理] を開いたついでに Google がこれまでに追跡して保存したデータを削除しましょう。削除する各アクティビティの [履歴を管理] オプションをクリックします。新しいページが起動したら、[その他のオプション] > [アクティビティを削除する基準] を [今日] から [全期間] に変更して [削除] をクリックします。

デバイスで広告情報を制御する

Android ユーザーはデバイス本体で追加のステップを設定することができます。ウェブ閲覧習慣に基づいてカスタマイズされた広告の受信を、Android 携帯電話またはタブレットで拒否できます。デバイスの [設定] メニューから [Google] > [広告] へと進み、[広告のパーソナライズをオプトアウトする] をオンにして [OK] をクリックします。

アバストでも対応いたします

上記の手順が専門的すぎる、または自分では実行したくないとお考えの場合は、アバストにお任せください。もともと VPN はすべてのウェブ アクティビティを隠すようにできています。VPN の詳細をご覧になりセキュアライン VPN サービスをお試しください。モバイルとコンピューターでご利用いただける、7 日間の無料トライアルが付いています。