ヒントとアドバイス

暗号化されたブラウザをすべてのデバイスに

Sander van Hezik, 2020年4月8日

クリックの背後に潜むオンラインの脅威とは

最近は、パソコンよりもスマートフォンでインターネットの閲覧、連絡、あるいは決済を行う人が増えてきました。実際、2019年の調査によると、ウェブページの閲覧の約半数が、モバイルデバイスで行われています。私たちの仕事や日常生活は、さらに変化していくと予想されています。ここで一度、自分自身の安全を守る方法を見直し、これまで保護していなかった領域がないか考えてみましょう。例えば、ブラウザはどうでしょうか。

特に携帯電話では、あなたの行動がサイバー犯罪者だけでなく、広告主やインターネットサービスプロバイダ(ISP)にまで見られている可能性があります。どのサイトでも同じ広告が表示されるのは、あなたのオンラインでの行動を追跡する仕組みが整っているからです。「なぜ自分がターゲットになるのだろう」と思うかもしれませんが、インターネットユーザーは誰でもターゲットとなり、時には広告ではなく悪質な追跡に合う危険性もあるのです。

また、サイバー犯罪者は常に新しい標的を探しており、できるだけ多くのユーザーを攻撃するために広く網を張っています。多くの場合、サイバー犯罪者による攻撃は脆弱な公共Wi-Fiやルーター、あるいはフィッシングなどの攻撃ベクトル(経路)を介して行われます。さらに、広告はどのような仕組みでターゲッティングしているのか、不思議に思ったことはありませんか?広告主も、あなたのオンライン上の行動を一つ一つ追跡しているのです。

幸いなことに、適切なツールを使えばこれらの攻撃・追跡は回避することができます。まずは、暗号化されたブラウザを検討しましょう。

暗号化されたブラウザとは何でしょうか?

まず、あなたのISPはインターネットそのものではないことを理解しましょう。ISPはインターネットへのアクセスを提供している存在です。そのため、あなたのオンライン上の行動を最前列で見ているのもISPです。暗号化されたブラウザは、ISPとインターネットの間にトンネルを確立し、誰も内部を見ることができないようにします。これにより、あなたがアクセスしたウェブサイトや、オンライン上で共有したデータは隠され、ISPでさえもあなたのオンライン情報を見たり記録したりすることができなくなります。また、暗号化されたブラウザは閲覧履歴も保存しません。本来、すべてのブラウザがユーザーのプライバシーを保護するべきですが、残念ながら他のブラウザではこうした機能を搭載していません。

私たちは、全てのデバイスのブラウザを保護する必要があります。安全なブラウザを使用することは、オンライン上で身を守る最も簡単な方法の一つです。あなたのデバイスに脅威が侵入しないよう、事前に対策しましょう。

ここで、Android版アバスト セキュア ブラウザをご紹介します。アバスト セキュア ブラウザは、オンラインの脅威からモバイルデバイスを保護するために必要な機能を揃えた便利なツールです。データを暗号化するだけでなく、公共のWi-Fiを使用する際にあなたを匿名化・保護するVPNや、厄介な広告をブロックする機能も搭載されています。また、ウェブページの読み込みも高速です。

暗号化技術に関しては、ブックマーク、ダウンロード、ビデオや写真、IPアドレス、DNSクエリ、ストリーミングなど、他のどのブラウザよりも多くのデータを暗号化します。オールインワンのAndroid用ブラウザソリューション、アバスト セキュア ブラウザを使用すれば、安全にオンラインでゲームを楽しんだり、ショッピングをしたり、決済を行うことができます。

アバスト セキュア ブラウザは現在、Windows 10、8、7、Android、MacOSに対応しており、https://www.avast.co.jp/secure-browserにてダウンロードいただけます。iOS版アバスト セキュア ブラウザの提供は2020年中を予定しています。アバスト セキュア ブラウザは、単に優れたツールであるだけでなく、今日のデジタル世界に欠かせないツールです。皆様、スマートに、そして安全にお過ごしください。

この記事は2020年4月8日に公開されたEncrypted browsers belong on every deviceの抄訳です。