ヒントとアドバイス

広告ブロックツールを使用すべきでしょうか?デジタル広告でお困りの方へのヒント

Scott Curtiss, 2018年4月19日

答えは「イエス。使うべき」です。広告ブロック機能を使うべき3つの理由、そして注意点4つ、そして広告ブロッカーを搭載したアバスト セキュア ブラウザ(無料)をご紹介しています。

昨今、広告ブロッカー(デジタル広告の表示を管理する機能で、広告ブロック機能、広告ブロックなどと呼ばれています。)は、デスクトップ、ノートブック、タブレット、スマートフォンと、すべてのプラットフォーム向けに用意されています。

しかし、このソフトウェアはインストールする価値があるのでしょうか?一見、悩む必要のないことに思われます。私たちはテレビ コマーシャルを早送りし、郵便受けに届くダイレクト メールを捨て、メールのインボックスにたまっていくスパム メールを削除しています。不快で、集中を妨げ、快適なウェブ閲覧の邪魔になる広告を排除しない理由はないように思われます。

実は、広告ブロッカーを導入することによる些細なデメリットあります。しかし、この記事を読み終わる頃には十分な知識を得て、広告をブロックするメリットを簡単に享受できるようになります。まず、広告ブロッカーを取得すべき理由についてご説明しましょう。

  1. ウェブ閲覧がより安全に

広告はわずらわしく不快なだけではありません。今やセキュリティ上のリスクもはらんでいます。サイバー犯罪者はマルバタイジング(不正広告)という非常に悪質な仕掛けを開発しています。マルバタイジングでは、マルウェアを組み込んだデジタル広告が、広告ネットワークを通じて人気のウェブサイトに直接送り込まれます。

一部のケースでは、ユーザーが広告をクリックしなくても、ウェブサイトを開くだけでマルウェアがシステムに解き放たれる、といったものまであります。この種の広告をブロックすれば、悩みの種を大幅に減らすことができます。

  1. ウェブ閲覧の障害を減らす

以上の結果、当然ながらこのメリットが生じます。ウェブサイト内に不要な要素が少なく、ページが見やすくなれば、オンライン サイトの訪問が非常に快適になります。

時には次から次へと現われては、その都度、私たちの集中力を削いでしまうデジタル広告を避けることができるという優れた使用感だけでも、広告ブロッカーを利用する価値は十分にあると言う人たちもいます。

  1. 最高レベルの高速化

広告は多くのデータ量を消費します。現に一部の報道サイトでは、使用データ量の半分が広告のみに費やされています。このため、目的のコンテンツをページで表示または再生する際に、余計な時間がかかるように感じることがあります。

一方、使用するデータ量が少なければ、ページの読み込みが速くなります一部では 40% も、あるいは 4 倍、ページの読み込みスピードは速くなるとも言われています。

ウェブ閲覧時の障害が減ることと同様に、こうしたウェブデータの読み込みスピードの高速化によってもオンライン体験が一変します。見たいものだけが表示され、目的のコンテンツが極めて短時間で読み込まれるようになるのです。

これらのメリットに対し、広告ブロッカーを使うデメリットは何でしょうか?

たとえば、広告ブロッカーはどれも同じ品質とは限りません。注意すべき点をいくつかご紹介しましょう。

  • 広告ブロッカーの中には、お金を支払った企業の広告はブロックしないというものがあります。たとえばアドブロック プラスには、特定の種類の広告と広告ネットワークをブロック対象から外す大がかりなプログラムがあります。広告ブロッカーをインストールする前に、それが実際にすべての広告からユーザーを保護するかどうかを必ず確認してください。

  • その他にも考えられる問題として、使用する広告ブロッカーによっては、オンライン ストアのショッピング カートやフライト予約エンジンなど、広告以外の重要コンテンツがブロックされる可能性があります。この場合、ユーザーは選択したサイトの「ホワイトリスト」(ユーザーが安全だとわかっているウェブ ページをブロック対象外にするようソフトウェアに指示する方法)を作成できます。

  • 最後に特に注意していただきたいのが、特定の広告ブロッカーは、広告ブロッカー自体がトラッキングを行い、ユーザーの行動を監視して、第三者にその情報を販売することがあるということです。これについては、該当するソフトをインストールする前に、その広告ブロッカーを少し調査すれば、たいていのことはわかりますので、これもユーザー自身が自分で自分の身を守ることができることの一つです。

  • これは警告とまでは言いませんが、考慮すべき重要事項です。ほとんどのウェブサイト コンテンツは「無料」で提供されていますが、これはそのウェブサイトに表示される広告で費用がまかなわれているためです。したがって、広告をブロックしてしまうと、ウェブサイトによっては「費用を回収」できなくなります。特に重要でよく使うサイトはホワイトリストに加え、そのサイトが自分の好きなコンテンツを作成し続けられるようにするのも 1 つの方法です(注意:サイトによっては、コンテンツを表示するにあたり、ホワイトリストへの登録を義務付けています)。

結論として、アバストでは広告ブロッカーの利用をおすすめしています(アバストでは、このたび新たなフリーソフト、アバスト セキュア ブラウザをリリースいたしました。広告ブロッカー機能も搭載していますので、是非一度お試しください)。広告ブロッカーをご利用の際は、本当に信用できて価値があると考えているサイトをまとめた賢いホワイトリストを入念に作成してください。そうすることで、快適なウェブ閲覧を楽しみつつ、定期的に使うサイトを引き続きサポートできます。