Garry Kasparov

GDPR施行から考える--プライバシー保護に必要なのは個人の行動と規制の連携

Garry Kasparov, 2018年8月7日

「一般データ保護規則(GDPR)」が5月末に施行された。デジタル時代のプライバシー保護という課題に真摯に取り組もうという姿勢が具体的な成果として結実したが、個人として取り組むべきことは何なのかを改めて考える。

オンラインデータの保護に必要なのは、規制、標準化、個人の行動を融合させることである。ウェブサイトの「一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)」準拠の問題が一段落しつつある中、一般消費者にとっては、基本的なセキュリティ対策の実装に時間をかけて、オンラインのデータ、そして情報の安全性を維持する必要がある。….続きを読む(TechRepublic Japanのサイトに移動します)