アバストニュース

アバストと AVG が合併

Vince Steckler, 2016年9月29日

アバスト ソフトウェアの CEO、Vince Steckler は、AVG Technologies の過半数の株式の取得手続きが完了したことを発表しました。

去る 7 月に弊社は AVG Technologies の買収計画を発表しました。私は本日、AVG の過半数の株式の取得手続き完了を発表できることを光栄に思います。これにより、私たちは 2016 年 10 月 3 日月曜日より 1 つの会社として業務を遂行します。AVG チーム、AVG のお客様に加えて通信会社とチャンネル パートナーの皆様を温かくお迎えするとともに、今後数か月間の弊社の計画についてご説明します。

30年近くにわたり、AVG とアバストは肩を並べて成長し、世界中の何億人ものユーザーに優れたセキュリティ製品を無料で提供してきました。AVG とアバストは類似性を持っているため、合併はスムーズかつ簡単に進むことでしょう。弊社は引き続き AVG とアバストの両ブランド製品を提供およびサポートします。これにより、弊社は世界最大の消費者インストールド ベースを持ち、数多くの中小企業とモバイル エンタープライズ企業を顧客とするフル サービス セキュリティ企業へと進化を遂げます。

この買収を通じて得られるものは?

弊社は今、前例のないセキュリティをユーザーに提供しようとしています。これは、ユーザー ベースを世界中で 4 億人に拡大することによって可能となりますが、そのうち 1 億 6,000 万人はモバイル ユーザーです。ユーザー ベースがほぼ 2 倍に拡大したことにより、弊社は世界で最も高度な脅威検出ネットワークを持つようになりました。弊社のセキュリティ技術は大規模な機械学習ネットワークを基盤としたクラウドで運営されています。弊社の製品が稼働している各エンドポイントは、悪意あるファイルと活動に対するセンサーの役割を果たします。不審なファイルは弊社のクラウド サーバーに送られ、徹底した検査が行われます。この検査では仮想マシンでのファイルの実行、機械学習分析、およびその他の弊社独自の検査が行われることがあります。弊社の技術により、ファイルが悪意あるものであるか否かが判定されます。ファイルが悪意あるものだと弊社の人工知能技術が判断した場合、その情報がクラウド サーバーに転送され、4 億人を超える弊社のユーザーの完全な保護に、ほぼリアルタイムで活用されます。

各エンドポイントでは脅威をめぐる現在の状況に関する洞察が得られますが、それによってお客様の安全をさらに高めることが可能になります。AVG の買収により、弊社は 1 か月に約 10 億件のマルウェア攻撃を防ぎ、5 億を超える悪質な URL と約 5,000 万件のフィッシング攻撃をブロックできるようになりました。また、毎月約 900 万の新たな実行可能ファイルを処理していますが、その 25% は悪質なものです。

また、異なる技術の相互作用と、アバスト脅威研究所に有能な人材が追加されたことによって、弊社は以前にも増して堅固になったため、セキュリティ脅威に関するユーザーの不安も軽減されます。現在、弊社はモバイル デバイスや家庭にあるモノのインターネット デバイスを標的とする新たな脅威のほか、蔓延しつつあるランサムウェアなどの脅威に専門的に対処する特別なタスクフォースを編成するための強力な能力を備えています。

また、IDP – オンライン プロセス モニタリング技術を加えることで、保護機能をさらに拡張しますが、これにより弊社は脅威が害を及ぼす前に検出することが可能になります。さらに、弊社の強力な機械学習技術とクラウドベースのソリューションに AVG の高度なフロントエンド検出ソリューションを追加していきます。

今回の買収を通じて、弊社はモバイル ユーザーを保護する機能も拡張します。iOS や Android のモバイル オペレーティング システムのインフラストラクチャは非常にシンプルで、アプリが相互にアクセスできないサンドボックス内に隠されているため、モバイル デバイスを標的とする脅威は PC や Mac を標的とするものとは異なります。ランサムウェアとソーシャル エンジニアリングの脅威は依然としてモバイルでの問題ですが、解決すべきセキュリティ問題はマルウェア以外にも多数あります。セキュリティ アプリをアプリ レベルでインストールした場合は、簡単に削除が可能です。このため、キャリア レベルなどのより深いレベルでインストールした方がモバイル セキュリティは強力になります。AVG の Location Labs 製品は米国の 4 大通信会社のサービスと緊密に統合されています。この製品は十代の若者が車の運転中や学校の授業時間中にメッセージを送信したり、有害なウェブサイトを閲覧したりできないようにするほか、ユーザーの写真を漏洩から保護します。弊社ではこの技術と携帯電話会社との提携関係をさらに発展させていきます。

加えて、アバストはより多くの企業をサポートできるよう、AVG の強力な SMB 事業とリセラー ベースの取り組みを継続します。弊社はアバスト チャンネル プログラムを AVG のプログラムに組み込みます。これによりパートナーは両方の製品シリーズと、より多くの顧客にアクセスできるようになります。ある種の企業は AVG 製品を好み、他の企業はアバスト製品を選ぶといったことがあり得るため、パートナーが販売する製品の種類が増えます。

一般消費者のお客様に関しては、人によってブランドの好みが違うことを弊社は承知しており、アバストと AVG のブランドに変更はありません。基本的なエンジンは、どちらのユーザー グループでもかつてなく強力になります。AVG 製品の機能のうち、これまでアバスト製品になかったものはアバストに追加され、その逆の追加も行われるため、総合すると、ユーザーは弊社のセキュリティ製品からより多くの成果を得られるようになります。弊社では、両ブランドを一体化した初めての新製品を来年前半に発表する予定です。

最終的には、弊社は地理的なフットプリントの拡大を進めていきます。AVG は従来から米国や英国などの英語圏の市場で高い競争力を持っていました。一方、アバストは非英語圏の市場を得意としていました。例えば、ロシア、フランス、ブラジルのほか、欧州のほとんどと南米の国々では、AVG とアバストが第 1 位か 2 位の消費者向けセキュリティ プロバイダーです。両社が合併した結果、私たちの最大のユーザー ベースは 5,800 万のユーザーを擁する米国となりました。2 つの会社を組み合わせることにより、私たちはより強力になり、地理的な経済の変動にも適切に対応でき、総合的な安定性が大幅に高まります。

これはアバストにとって非常に心躍る経験であり、私は、安全を維持するために世界中の人々を支援する能力がかつてなく高まった、この新しい合併企業の一員となることを心から嬉しく思います。

将来に関する記述

この文章には、記述内容が表現または示唆する結果とはかなり異なる実際の結果を引き起こす可能性のある相当なリスクと不確実性が伴う、将来に関する情報が含まれています。歴史的事実に関する記述以外のすべての記述は、連邦証券法上の意味での将来に関する見通しであるか、もしくはそのような見通しとみなされることがあり、多くのリスクと不確実性が伴います。場合によっては、将来に関する見通しは「見込む」、「見積もる」、「信じる」、「継続する」、「可能性がある」、「意図する」、「場合がある」、「計画する」、「潜在性」、「予測する」、「~べきである」、「~であろう」、「期待する」、「~ことを確信している」、「目的」、「予測」、「予見」、「目標」、「ガイダンス」、「展望」、「努力」、「標的」、「~だろう」などの将来を考慮した語句またはこれらの語句の否定形、あるいは類似するその他の語句が使用されていることにより識別できます。実際の出来事が、このような将来に関する見通しにより示唆され、または示される出来事とはかなり異なる原因となる可能性のある多数の重要な要因があるため、このような将来に関する見通しに全面的に依拠してはなりません。これらの要因には、数ある中でも特に一般的な経済状況およびアバストと AVG が事業を行う業界に影響を及ぼす状況、規制当局の承認の不確実性、ニューヨーク証券取引所からの AVG の上場廃止と、取引法に定められている AVG の報告義務および本文書に説明されている取引およびその計画を完了させる義務の停止、ならびに AVG の業績および重要な取引関係の維持に関連するリスクと不確実性が含まれています。実際の結果が、これらの将来に関する見通しとはかなり異なる原因となる可能性のある要因に関する追加的な情報は、2015 年 12 月 31 日までの会計年度の AVG の年次報告書 (書式 20-F) を含む、米国証券取引委員会 (SEC) への AVG の提出書類を参照してください。これらの将来に関する見通しは、その発表日現在のものにすぎないため、法律により義務付けられる場合を除き、新たな情報、将来における出来事と成り行きなどの結果であるか否かにかかわらず、アバストと AVG のいずれも将来に関する見通しを更新または変更する義務を負いません。

追加的な情報およびその入手先

この文書は AVG の株式の購入の申し出、または売却の申し出の勧誘には該当しません。AVG の普通株購入の勧誘および申し出は、購入の申し出、関連する送り状およびその他の特定の公開買付文書を含め、2016 年 7 月 29 日にアバストが SEC に提出したスケジュール TO に関する公開買付説明書 (その後の修正を含め、以下「公開買付説明書」) に従って行われています。AVG は 2016 年 7 月 29 日に公開買付に関してスケジュール 14D-9 の勧誘書/提案書 (その後の修正を含め、以下「勧誘書/提案書」) を SEC に提出しました。公開買付説明書および勧誘書/提案書は随時修正されることがあり、また各文書には AVG の株主が株式の入札に関する決定を行う前に考慮すべき重要な情報が含まれているため、AVG の株主の方々には、公開買付説明書および勧誘書/提案書と、SEC に提出されたその他の関連文書を注意深く通読されることをお勧めします。公開買付説明書および勧誘書/提案書は SEC のウェブサイト、www.sec.gov にて無料で入手できます。AVG が SEC に提出した書類の写しは AVG のウェブサイト、investors.avg.com にて無料で入手できます。